介護リフォーム

介護リフォームとは?

写真:介護

介護しやすい家にするためのリフォーム→高齢者やそのご家族が安心して暮らせる環境作り

  • 段差解消、傾斜解消
  • 手摺の取付
  • 人感センサー付き足元灯 など

介護リフォーム費用の9割が負担される? 適用される2つの制度

リフォームはお金がかかるものですが、助成金を受けることができます。9割の補助が受けられることもあります。

介護保険制度について
住宅改修は最高20万円までの補助が受けられます。
介護保険では、介護のための住宅改修に最高20万円(1割自己負担)まで支給しています。
各自治体では、これとは別に住宅改修に対する助成金を支給しているところもあるのです。
住宅改修における公的補助は、手すりの取り付けやバリアフリーなどの工事により、要介護の認定を受けた方の自立を助け、生活の質を高めることを目的にしています。住宅改修の支給限度額は、要介護度に関係なく最高20万円(消費税込)までとなっています。つもり、リフォーム費用のうち、20万円分までは支給申請することが出来ます。

※1割は自己負担となるため、実際の保険給付額は18万円までとなります。
※住宅改修の給付は原則として、受給者1人につき、1回限りですが、要介護度が3階級以上あがった場合や、転居の場合には再給付が受けられます。また、分割利用も可能です。

 

介護リフォームで助成金をもらうための3つの条件

  1. 受給対象者であること
    • 要介護認定を受けている
    • 本人が住んでいる
  2. 助成額の限度を超えていないこと
    • 20万円以内の介護リフォームに限られます。
  3. 支給対象となる住宅改修であること
    • 手すりの取り付け
    • 通路等の段差または傾斜の解消
    • 移動の円滑化のための床材の変更
    • 扉の取り換え
    • 便器の取り換え
    • これらの住宅改修に付帯して必要となるもの
 

事前に打ち合わせが必要です。 まずはお問合せを!

件名

お名前(必須)

メールアドレス(必須)

電話番号(必須)
- -

郵便番号
-

【住所】
都道府県

市区町村

丁目 番地

マンション・建物名

メッセージ本文

Top